【中止】ライアートリオ コンサート2020

(トーマス・ラインス・泉本信子・ヴォルフガング・フリーベ)

 

コロナウイルスの影響で来日困難となり、諸事情も含めて中止とさせていただきます。

 

日時:2020年4月15日(水)

開場:18時00分

開演:18時30分

場所:バロックザール(京都 青山音楽記念館)

〒615-8282 京都市西京区松尾大利町9-1

 

〒615-8282

京都市西京区松尾大利町9-1

 

◆入場料

前売3000円(当日3500円)全席自由

*未就学児の入場はご遠慮ください

◆チケット販売

青山音楽記念館075-393-0011

チケットぴあ Tel :0570-02-9999(Pコード171-582)

※セブンイレブン等でも購入可

ライアー京都・MATSUZAKI

leier.kyoto@gmail.com Fax:06-6841-9302

◆お問合せ青山音楽記念館075-393-0011

〒615-8282京都市西京区松尾大利町9-1

 

■■■■■■■■■■■ チケットお申し込みと購入はこちらから ■■■■■■■■■■■

 

■トーマス・ラインス (コンサートライアー)

ドイツ在住。1960年生まれ。デトモルトとシュツットガルトの大学でクラリネットを学ぶ。マンハイムのオーケストラでクラリネット奏者として活動後、ライアーをはじめる。現在ゲッピンゲンのヴァルドルフ学校でライアーの教師として、またドンツドルフ音楽学校でクラリネットを教える。

W.フリーベとライアーデュオでドイツを中心にコンサートを行っている

 

 

■泉本信子 (ソロソプラノライアー)

東京在住。大学及び大学院でピアノと音楽教育学を専攻。1988年よりスザンネ・ハインツ、ヴオルフガング・フリーくらにライアーを師事。2007年からはW.フリーベとデュオを組む。日本では「ライアートリオA.K.l.」で毎年コンサートを行う。またライアー響会の仕事にも携わる。訳書「ライアー~新しい弦楽器の誕生と可能性」 (マリア・ホランダー/ペーター・レッベ著猿谷利加・水野珠実共訳ライアー響会) 「シュタイナー学校の音楽の授業』 (松本やちよ共訳音楽之友社)他

 

■ヴォルフガング・フリーベ (アルトライアー)

ドイツ在住。1954年ドイツ・ミンデン生まれ。治療教育学を学ぶ中でライアーに出会い、 ”FreieMusikSchule(自由音楽学校)"で芸術-教育-治療としての音楽及びライアーを学ぶ。1983年よりスイス・バーゼルの障害者学校の音楽教師を勤めたのち、2014年に北ドイツ.エルベ川沿いにあるナーレンドルフに移る。演奏活動とともに、ライアー作品の作曲も行う。7回目の来日。ライアートリオとしての活動は2016年頃から始め、ドイツ.チェコ.オランダなどでコンサートを行う。ライアー楽譜集: rRegenbogen(レーゲンボーゲン)」 (ライアー響会)等

 



ムジーク・ブルンネンのレッスン会場アクセスとレッスン日

場所:阪急電車京都線 西向日駅東口を出た眼の前

   三晃薬局2階にて毎月第2日曜日

泉本先生レッスン日: 11:30~13:30ごろと13:30~16:00頃の2部に分けて

自主練習日 13:00~16:00


Musik Brunnen(ムジーク・ブルンネン)は、大阪、京都を中心に練習しているLeier(ライアー)のグループです。

 

ライアーのグループを作ったのは1995年ぐらいのこと。音色の良さに惹かれてずっと練習をしています。東京から先生に来ていただいて、月に一度練習を続けています。

 

メンバーは入れ替わっていますが、現在15名ほどで京都府向日市で練習をしています。


 アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス

~声にかかったヴェールをはずし、本来の美しい声で歌いましょう~

会員募集中です。詳細は 「アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス」のページをご覧ください。